ダニエル

私はドイツの美しく歴史ある街ハレ・ザーレで生まれました。ハレ・ザーレは作曲家ゲオルク・フリドリヒ・ヘンデルの故郷であり、世界遺産になるであろうフレマン・フランケ財団が設立された街です。ハレ・ザーレでは毎年ヘンデル・フェスティバルが開催され、世界中から音楽愛好家たちが集まります。また、城・教会・大聖堂・劇場・美術館・博物館でも、アートやオペラに触れることができます。ハレ・ザーレには歴史あるマルティン・ルター大学もあり、そこではドイツでは数少ない日本学が学べます。子どもの頃、いつも自転車でザーレ川の岸や公園に行き、友達と遊んでいました。毎年8月にランタンフェスティバルが開催されており、その時、私は初めてPRAKTICAで写真を撮りました。その時から、私はサイクリングと写真を楽しんでいます。ベルリンの壁の崩壊後、ドイツは劇的に変化しました。ベルリンの壁の崩壊の後、私はヨーロッパの様々な国や都市を旅しました。 ヨーロッパの数か国で、仕事をしながら暮らした経験もあります。 ヨーロッパでの生活は、とても貴重であり、私の人生を豊かにしてくれました。 そして、私は異文化の国で暮らすことを決意し、日本に来ました 日本とドイツの文化は非常に異なっており、それぞれ独自の多様な文化を持っているので、大変興味深いです。